ぴでのリーマン日記


by calpisota
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Ray Allen surpasses Reggie

NBA史に残る出来事が僕の大好きな両選手の間で起こりました。

これまで最も多くのスリーポイントシュートを決めてきたのは、
元ペイサーズのスター、レジーミラー。
このブログでは度々取り上げてきた僕のオールタイムフェイバリットプレイヤーです。

そして2月10日、その長年破られてこなかった記録がついに破られました。
それは、ボストンセルティックスのスター選手レイ・アレンによってです。
その歴史的瞬間に当のレジー・ミラーもかけつけていて、記録が破られた瞬間に
まっさきに祝福、固い握手と抱擁を交わしました。

b0061320_161379.jpg


ここから興味ない人は申し訳ありませんが、僕の完全な趣味の世界です。

レジーは、ペイサーズ一筋で2005年に現役引退するまで、チームを引っ張り、
全盛期のマイケルジョーダンやニューヨーク・ニックスと数々の名勝負を演じました。
惜しくも優勝を成し遂げることはできませんでしたが、「ミラー・タイム」と呼ばれる
試合終盤に起死回生のスリーポイントを神がかり的に決め、地元ファンを熱狂の渦に落とすことでも有名で、特にビッグゲームになればなるほど、力を発揮する選手でした。
ニックス戦最終クォーターだけで25点を決めたり、残り16秒で8点決めたり、MJを振り切って沈めたスリーポイントなど少年時代の僕のヒーローでした。
ちなみにファンになったきっかけは、少年ジャンプでの二週連続レジーミラー物語でした。確か中学一年の時です。

一方レイアレンは、レジーの10年後輩にあたり、コネチカット(僕が昔住んでいたところです)大出身かつレジーと同じシューティング・ガードというポジション、さらに甘いマスクで男ながらほれ込み、ファンになりました。
バックス、ソニックス、そして現在のセルティックスとチームを渡り歩き、3年前についに優勝を成し遂げました。史上最も美しいシューティングフォームを持つといわれ、とにかく流れるようなシュートと華麗なカットインが得意。レジーのように試合終盤のクラッチタイムにも強く、オールスターにも今年で10回目ですが、同世代のコビーやアイバーソンの陰に隠れがちな人生を歩んできました。

そんな大好きな選手二人がこういう形でクローズアップされるのはものすごくうれしいです。
片や歴史に残るクラッチシューター、片や歴史に残るピュアシューター。

レイアレンももう35歳、そろそろ次に好きな選手を探さないとなぁ。

自分より年下の選手のファンというのはなかなか想像つきませんが、NBAを見続けるためにも
次の名シューターを見つけようと思います。
[PR]
# by calpisota | 2011-02-12 16:24 | レジー

一時帰国

旧正月を利用して四日間の一時帰国をしてきました。

仲良しの同期と久々に騒いだり、香港でお世話になった先輩と飲んだり、
大学の同期会をしたり。

今年は前の記事にも書きましたが、仕事とともに、今年はプライベートも充実させるべく頑張ろうと思います。
それぐらい自分にとって大事な一年と位置付けています。
皆様、どうぞ温かく見守っていてください。

大学の同期会では、夫婦が5組ぐらいいて、そのうち二組には子供もいて、
普段離れているから、気づかない同世代のギャップみたいなものを感じました。
子供のころミスチルの歌詞で、
「同年代の友人たちが家族を築いていく」
とありましたが、まさに今29歳になろうとしている自分にぴたりとあてはまるものです。

これまでの人生回り道せずやってきましたが、人生のターニングポイントを迎えようとしている
今、これまで以上に「本気」で人としての当り前の幸せを追求したいと思います。
それを実感した4日間でした。

まあ、気負わず、ね。
[PR]
# by calpisota | 2011-02-09 01:09 | タビ
カウントダウンは、後輩宅で行い、部屋の窓からはヴィクトリアハーバーと盛大な花火を見ました。
その前の紅白歌合戦も見どころは多かった。
あゆの出来の悪さにがっかりし、エグザイルの増殖ぶりに驚き、AKBはそれ以上の増殖ぶりで勢いを感じ、その後は中高の友達が香港に遊びに来ていたので一時中断。
前から気になっていたうちの近くにできたイギリス料理屋で食事。美味しかった。
楽しく2000年代の最初の10年を終えられました。思えば10年前はちょうど受験勉強を
頑張っていたんだな、、、時の流れは本当に早い!!
中断後の紅白はトイレの神様、桑田圭佑とハイライトが続きました。
トイレの神様は間違いなく、i-tunesでDLします。
桑田さん前より痩せてたけど、まさに復活にふさわしいステージ。
ドリカムは去年からちょっと残念な感じです、じっくり聴かせる系がいいのに。
そしていつの間にか、年末の風物詩、野鳥の会のみなさんがいなくなってしまった。
投票結果もあっさり感は否めないし、、何だか盛り上がりに欠けたね。

2010年は自分にとっても、変化の多い年、今後の飛躍に繋がる1年になったと思います。
一つ目は、仕事の変化、より多くの人と接する機会が増え、プレッシャーも増えたけど、
今はすべて自分の人間としての成長に役立っていると思います。

もう一つは前にも書きましたが、バスケを一緒にやる仲間を見つけられたこと。
明日も早速新年一発目をうちの前にあるバスケコートでやります。
今年も心身とも健康で過ごしたいと思います。

2011年はどんな一年になるだろう?
香港生活もきっと終盤戦なので、行ったことない場所・店に行き、やったことない活動を
徹底的にやろうと思います。香港生活に悔いを残さない!
でもマカオでのバンジーはやりません。笑

「プライベート」では30歳までに結婚し、両親が60歳になるまでに孫の顔を見せるということを
目標にしたいと思います。おじいちゃん、おばあちゃんが元気なうちに結婚式に出席してもらいたいし。

では今年も元気で!!
[PR]
# by calpisota | 2011-01-01 16:27 | 思うこと

Paris他

また間が空いてしまいました。

b0061320_2151783.jpg

8月は同僚とタイへゴルフ、9月末には一人でパリへ行ってきました。
パリには幸い、前の上司と友達二人が住んでいるため、一人の時間はそんなになかったですが。

パリは初めてでしたが、やはり観光地の王道ということで、全てが素晴らしいところでした。
オペラ座に始まり、セーヌ川クルーズ、エッフェル塔、凱旋門、シャンゼリゼ、クリニャンクール蚤の市、サクレクール、似顔絵かき、サンジェルマン、シャイオー宮、フォンテーンブロー、ムーランルージュ、ルーヴル美術館、マレ地区、オルセー美術館、ノートルダム寺院、モンサンミッシェル、ヴェルサイユ宮殿。。
書きあげるだけで、その見どころの多さにびっくり。

フレンチはどの料理もおいしく、ワインも堪能しました。

結論、観光に関してはパリ最高。
でも住むのなら圧倒的に香港が良いね。
差を感じたのが、交通の便、オクトパスがない(スイカのようなもの)、日本食の充実度、living costかな。
後はアジアというホームグラウンドにいるからこその安心感のようなもの。
クレジットカード主義なのか、飲み屋でも5人いたら、5人共カードを店に出し、店側もいやな顔せず、
ちゃんと5等分チャージするというこちらでは信じられない光景も。

まだパリに行かれたことないかたはお勧めです。

閑話休題。

仕事の話ですが、先輩のロンドン転勤に伴い、営業担当者としてデビューすることになりました。
これまでの受動的な仕事と対照的にこれからは、能動的にガシガシやる必要があります。
自分にとっては新たなチャレンジですが、ずっと香港に来て以来希望していたことなので、
感謝しつつ、精いっぱい頑張ろうと思います。というわけで、香港滞在も3年を超えていますが、
もう少しいることになりそうです。

それではまた。
[PR]
# by calpisota | 2010-10-31 21:05 | タビ

お友達は新聞です

夏真っ盛りです。
といっても、こちらは6月ぐらいからずっとこんな暑さ。10月ぐらいまで続きます。
最近は冬から春にかけての、すっきりしない空模様がうそかのような、綺麗な空で夜景も綺麗です。
一時期はもう二度と綺麗な夜景が見れないんじゃないかと思ったぐらい、ずーっと天気悪くて。
暑いけど、最高な時期です、今は。

最近日経新聞に加え、地元の英字新聞も購読するようになり、フリーペーパーの英字新聞と合わせると、
平日は毎日3紙目を通してます。日経だけでも、手一杯なのに、South China Morning Postも加わると、
一人の時間はほぼ新聞に割かれます。フリーペーパーだと流し読みしていたようなものでも、購読すると読まないと!と思って読んでます。地元及び中国のニュースに詳しくなれるのも◎。China Dailyとは違い、主張に偏りがそれほどないのも良いです。後は流行スポットやレストランの情報が詰まったマガジンがたまに入ってるのもGoodです。残りの香港駐在期間は、これを頼りに街を更に探検しようと思います。傍らにこいつを抱えて。

今日は自身初?の3D映画を見ました。トイストーリー3。大人でも楽しめました。最後はほろっと。
黒ぶち3Dメガネも持ち帰れて、これをかければ即香港人に見えます。即席香港人メガネ。笑

映画といえば、先日深センで見た、中国映画「唐山大地震‐After Shock‐」は素晴らしかったです。
1976年に実際に起こった唐山大地震(24万人もの犠牲者を出した20世紀最大の天災)と2008年に起きた四川大地震をオーバーラップさせて、引き裂かれた家族の数奇な運命と感動の再会の物語です。
日本で上映されるかはわかりませんが、興味があれば見てみて下さい。映画であんなに号泣したのは、三丁目の夕日以来です。笑
[PR]
# by calpisota | 2010-08-16 00:00 | 香港