ぴでのリーマン日記


by calpisota
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Ray Allen surpasses Reggie

NBA史に残る出来事が僕の大好きな両選手の間で起こりました。

これまで最も多くのスリーポイントシュートを決めてきたのは、
元ペイサーズのスター、レジーミラー。
このブログでは度々取り上げてきた僕のオールタイムフェイバリットプレイヤーです。

そして2月10日、その長年破られてこなかった記録がついに破られました。
それは、ボストンセルティックスのスター選手レイ・アレンによってです。
その歴史的瞬間に当のレジー・ミラーもかけつけていて、記録が破られた瞬間に
まっさきに祝福、固い握手と抱擁を交わしました。

b0061320_161379.jpg


ここから興味ない人は申し訳ありませんが、僕の完全な趣味の世界です。

レジーは、ペイサーズ一筋で2005年に現役引退するまで、チームを引っ張り、
全盛期のマイケルジョーダンやニューヨーク・ニックスと数々の名勝負を演じました。
惜しくも優勝を成し遂げることはできませんでしたが、「ミラー・タイム」と呼ばれる
試合終盤に起死回生のスリーポイントを神がかり的に決め、地元ファンを熱狂の渦に落とすことでも有名で、特にビッグゲームになればなるほど、力を発揮する選手でした。
ニックス戦最終クォーターだけで25点を決めたり、残り16秒で8点決めたり、MJを振り切って沈めたスリーポイントなど少年時代の僕のヒーローでした。
ちなみにファンになったきっかけは、少年ジャンプでの二週連続レジーミラー物語でした。確か中学一年の時です。

一方レイアレンは、レジーの10年後輩にあたり、コネチカット(僕が昔住んでいたところです)大出身かつレジーと同じシューティング・ガードというポジション、さらに甘いマスクで男ながらほれ込み、ファンになりました。
バックス、ソニックス、そして現在のセルティックスとチームを渡り歩き、3年前についに優勝を成し遂げました。史上最も美しいシューティングフォームを持つといわれ、とにかく流れるようなシュートと華麗なカットインが得意。レジーのように試合終盤のクラッチタイムにも強く、オールスターにも今年で10回目ですが、同世代のコビーやアイバーソンの陰に隠れがちな人生を歩んできました。

そんな大好きな選手二人がこういう形でクローズアップされるのはものすごくうれしいです。
片や歴史に残るクラッチシューター、片や歴史に残るピュアシューター。

レイアレンももう35歳、そろそろ次に好きな選手を探さないとなぁ。

自分より年下の選手のファンというのはなかなか想像つきませんが、NBAを見続けるためにも
次の名シューターを見つけようと思います。
[PR]
by calpisota | 2011-02-12 16:24 | レジー