ぴでのリーマン日記


by calpisota
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:タビ( 47 )

一時帰国

旧正月を利用して四日間の一時帰国をしてきました。

仲良しの同期と久々に騒いだり、香港でお世話になった先輩と飲んだり、
大学の同期会をしたり。

今年は前の記事にも書きましたが、仕事とともに、今年はプライベートも充実させるべく頑張ろうと思います。
それぐらい自分にとって大事な一年と位置付けています。
皆様、どうぞ温かく見守っていてください。

大学の同期会では、夫婦が5組ぐらいいて、そのうち二組には子供もいて、
普段離れているから、気づかない同世代のギャップみたいなものを感じました。
子供のころミスチルの歌詞で、
「同年代の友人たちが家族を築いていく」
とありましたが、まさに今29歳になろうとしている自分にぴたりとあてはまるものです。

これまでの人生回り道せずやってきましたが、人生のターニングポイントを迎えようとしている
今、これまで以上に「本気」で人としての当り前の幸せを追求したいと思います。
それを実感した4日間でした。

まあ、気負わず、ね。
[PR]
by calpisota | 2011-02-09 01:09 | タビ

Paris他

また間が空いてしまいました。

b0061320_2151783.jpg

8月は同僚とタイへゴルフ、9月末には一人でパリへ行ってきました。
パリには幸い、前の上司と友達二人が住んでいるため、一人の時間はそんなになかったですが。

パリは初めてでしたが、やはり観光地の王道ということで、全てが素晴らしいところでした。
オペラ座に始まり、セーヌ川クルーズ、エッフェル塔、凱旋門、シャンゼリゼ、クリニャンクール蚤の市、サクレクール、似顔絵かき、サンジェルマン、シャイオー宮、フォンテーンブロー、ムーランルージュ、ルーヴル美術館、マレ地区、オルセー美術館、ノートルダム寺院、モンサンミッシェル、ヴェルサイユ宮殿。。
書きあげるだけで、その見どころの多さにびっくり。

フレンチはどの料理もおいしく、ワインも堪能しました。

結論、観光に関してはパリ最高。
でも住むのなら圧倒的に香港が良いね。
差を感じたのが、交通の便、オクトパスがない(スイカのようなもの)、日本食の充実度、living costかな。
後はアジアというホームグラウンドにいるからこその安心感のようなもの。
クレジットカード主義なのか、飲み屋でも5人いたら、5人共カードを店に出し、店側もいやな顔せず、
ちゃんと5等分チャージするというこちらでは信じられない光景も。

まだパリに行かれたことないかたはお勧めです。

閑話休題。

仕事の話ですが、先輩のロンドン転勤に伴い、営業担当者としてデビューすることになりました。
これまでの受動的な仕事と対照的にこれからは、能動的にガシガシやる必要があります。
自分にとっては新たなチャレンジですが、ずっと香港に来て以来希望していたことなので、
感謝しつつ、精いっぱい頑張ろうと思います。というわけで、香港滞在も3年を超えていますが、
もう少しいることになりそうです。

それではまた。
[PR]
by calpisota | 2010-10-31 21:05 | タビ

15日に及ぶ一時帰国

b0061320_2344088.jpg

早いもので、赴任後2年半が経過し、ようやく一時帰国の権利を取得。
ちょうど権利の発生する2月23日から3月9日まで15日間もゆっくり(?)することができました。

昼・夜はほとんど予定がびっしりで、でも昼と夜の間には特にすることもないので、
だいたい、10時起床、12時前後に出発、都内で昼食、昼食後帰宅、夕方また都内に向け出発、深夜帰宅というパターンでした。

希望する人全員に会えたわけではないですが、数年ぶりに会う友人もいれば、ひと月前にも会った友人もいたり。

週末には、弟の住む広島・宮島・呉・岩国に行き、その足で同期と大学時代の後輩がいる福岡にも行きました。普段できない日本国内の観光もしっかり堪能。

福岡で食べさせてもらった、やま中のモツ鍋と昼食に食べた鯛茶漬けは本当に絶品でした。

他には、思い出の吉今でランチと飲み、セルリアンのフレンチコース、宮島の穴子丼、広島の広島焼き、銀座ホテルの豚しゃぶ、PCMでのビール、吉祥寺の讃岐うどんと毎日いろんなおいしい食事に巡り合えました。

ただ、毎日食べ飲み歩きしていたことから、最後の方は疲れてきてしまい、早く香港に帰りたくなってました。。
普通の生活に戻りたい!と心の中で叫んでました。笑

香港に戻ってからは、4月の営業への異動に伴う引き継ぎやら期末特有の業務に忙殺され、帰宅は0時半になることも。

今日はタイガー復帰のマスターズに備え、NOWTVを申し込みました!
これまでPGAチャンネルで普通のPGAツアーは見られたものの、メジャー大会は見られなかったので、
歯がゆい思いをしてましたが、これでメジャー大会も見れるし、ESPNでMLBも見れる!
ますますTVにかじり付く毎日になりそう。

明日は中国語検定を受けます。これまでの1年半の勉強の成果をようやく試せます。

4月頭のイースター休暇は、同僚とマレーシアのペナン島に行ってきます。
ゴルフがメインですが、ビーチやプールでのんびりしたり、世界遺産にも指定されているジョージタウン観光や夜は各バー飲み歩きもして、南国の休日を満喫してきます。
[PR]
by calpisota | 2010-03-27 23:09 | タビ

週末上海

金曜の夜旅立ち、日曜の深夜に戻ってきました。
2泊2日の旅を強行。
付き合ってくれた同期と後輩、また向こうでアテンドしてくれた同期夫妻に感謝!

b0061320_22441849.jpg


来年の万博に向けて、全力で街全体をひっくり返していた印象。
最初香港に来た時、この街のエネルギーにびっくりしたが、今の上海はまさに昇り竜のごとき、勢いを感じます。3,40年前の東京もこんな感じだったのかな。人々の顔にも希望が満ちている感じで、旅行していても楽しかった。また、1年後に行けば全然違うところになっているんだろう。いや3カ月後でもそうかもしれない。
それぐらい変化のスピードを感じました。

食事:焼き小籠包が最高においしかった。4つで4.5元(約60円)と安い!
建物:去年完成した上海World Finance Center。世界最高の高さの展望台から見る景色は圧巻。
オシャレ:田子坊という町は小さな路地が入り組んでいて、お洒落な雑貨やカフェ、バーが連なり、見ていて飽きない。
郊外:朱家角といういわば東洋のヴェネツィアみたいな水路が入り組んでいる町にも行きました。癒されました。
HOOTERS:知る人ぞ知るアメリカンレストラン。何と上海にもありました。2004年アメリカ横断旅行以来の入店!楽しかった。

b0061320_22455670.jpg


週末でいける上海、また行こう絶対行こう。新しい上海を発見しに。
[PR]
by calpisota | 2009-09-14 22:45 | タビ

8月を振り返る

なかなか充実してたと思います。
キーワードは下記の通り。

・ヘアチェック&スカルプケア
⇒どちらも人生初。早めの対応が肝要です。
・先輩との半年ぶりの再会
⇒以前ここにも載せた先輩が半年ぶりに香港へ。
・David Tao
⇒台湾の歌手。マカオでのコンサートを見に行きました。i-tunesでも試聴可です。
・プーケット&ピピ
⇒夏休みをとりました。10何年ぶりのプーケット。クラブメッドの良さと日焼けの怖さを再確認した旅行。
ゴルフレッスンで開眼。
・風邪をひく
⇒スケジュールが立て込んでいて無理をしていたせいか、風邪を。道端で売っていた咳に効くお茶を飲んでみたら、まずかったけど、本当に効いたかもしれない!
・ルーキーズ
⇒遅ればせながら、この土日でドラマ版を看了。過ぎ去った青春に懐かしさを感じた。おもしろかった。

この週末は本当に久しぶりにゆっくりできました。
おかげで体調も徐々に復活気味。
[PR]
by calpisota | 2009-08-30 22:59 | タビ
イースターの4連休は支店の同期とマレーシアに行ってきました。

SFCのスペ語友達や前香港で知り合いになった夫婦、そしてKL赴任の前の部でお世話になった先輩たちに
会い、非常に充実した四日間でした。実際に駐在している人の話も聞き、生活を垣間見ることで、KL赴任なんてのも良いかなと思ったり。でもそれは、結婚してからだね。独身だったら、断然香港です。

食事:

バクテー(肉骨茶)
b0061320_15252572.jpg

薬膳で煮込んだ豚の角煮をごはんに乗っけて食べるシンプルな中華。これが激ウマです。

チキンライス(海南鶏飯)
マレーシアのはご飯がゴルフボールサイズに丸まっている!

インド料理(ボンベイパレス)
国民の9%をインド系が占めることもあり、その質の高さにびっくり。クリントン夫妻の写真も。
大使館街にあるレストランで雰囲気も◎

サテー
マレーシアの定番料理。焼き鳥のようなものを少し甘いタレにつけて食べる。

アクティビティ:

KLバー巡り
b0061320_1513345.jpg

こっちのバーはホテルの屋上プールのまわりにあるのが特色。香港とはまた違うおしゃれさがあった。
香港にこんなところがあったら、連日混むだろうなぁ。
月に何回かは、酔ってプールに転落する客もいるとか。

マラッカ観光
b0061320_15283752.jpg

本当は深夜特急にも出てた壮大な夕日を見たかったのですが、時間の都合から見られず。
欧州列強がかつて争った土地の面影を見る。

ゴルフ
香港で知り合った人で今はKL在住の方と回る。コースにサルがたくさん出没し、林に打ち込んだボールが
なぜかグリーンに戻ってくる不思議な現象も。まさか、サルの仕業?

ホタル観賞
KLから車で一時間半の街灯もない、道をひたすら走り、ついたのは真っ暗な川。
四人乗りの手漕ぎ船に乗り、少し行くと、マングローブの木に無数のホタル。
まるでクリスマスのイルミネーションかのごとく、幻想的な光景。
ボートの下にはワニがいるかと思うと、かなりスリリングでしたが、一生に一度見れるか見れないかの
光景に大興奮。

足裏マッサージ
中華系も多い、KLには足裏マッサージ屋もたくさん。値段は香港とそう変わらない。
奥さんお勧めのところは、香港とは比べ物にならないぐらいきれいで洗練されているところでした。
マッサージをしてくれたお姉さんとは得意の中国語でひとしきりおしゃべり。そしてなんと今はスペイン語
も習っているということで、期せずして、スペイン語でも会話。ものすごい満足度の高いマッサージでした。

ホテル
b0061320_15242451.jpg

トレーダーズホテル。シャングリラ系列の比較的新しいところ。
パークビューの部屋にすると、KLCC公園の緑豊かな眺めとその奥にそびえるツインタワーを
間近に見られます。朝食のビュッフェも超充実で、満足度の高いステイでした。
ちなみに当行のオフィスはツインタワーの右隣のビルでした。
[PR]
by calpisota | 2009-04-25 15:28 | タビ

深夜特急読了

深夜特急

いやー、長かった。
足かけ12年。
やっと読み終わりました。

最初の一冊を買ったのが、平成9年。中三の時です。
2冊目で挫折し、二年前に香港来たのをきっかけに、
一冊目の「香港・マカオ編」から読み直し、約一年半。
今日最終の6冊目を読み終わりました。

知らない人のために書きますと、
作家沢木耕太郎が26歳の時に、一年ちょっとかけて、
東京を出発し、香港から南に下り、インドからロンドンまで
バスで旅をしていくという紀行文。

気づけば、15歳だった僕も、いつの間にか物語の中の
主人公と同じ年齢になっていました。

僕も大学時代に、最長一か月半の旅を二回ぐらい経験したけれど、
ここまで長いのはないし、彼が通ってきたようなインド~中東というのもない。
(今後行くつもりもない)

前半の香港・マカオ・東南アジアの熱気ムンムン密度の濃い旅から、
中東・ヨーロッパを通って行くにしたがって、徐々に薄まっていくのは
寂しかったけれど、非常におもしろかった。
特に、マカオのカジノの話はスリリングで、その後自分でも大小にはまってしまった経緯もある。
マレーシアのマラッカの夕日の描写を読み、今度のマレーシア旅行でもマラッカに行くつもり。
(夕日マニアなんです)

物語の時代からは30年以上経っているんだろうけど、今でもあのような
旅をしようと思えば、出来て、きっと同じような体験ができるに違いない。
問題は、時間。
会社を辞めない限りは無理だろうな。。

ただ、個人的には少しずつ移動して、目的地に近付いていく旅よりは、
じっくり腰を落ち着けて、一つの町を堪能したい派です。

だから、一年間フリーな時間があるならば、ユーラシア大陸横断よりは、
スペインに語学留学がしたい。
[PR]
by calpisota | 2009-02-16 01:16 | タビ

一時帰国の件

b0061320_0314369.jpg


一月末、旧正月を利用して帰国しました。
9か月ぶりの日本です。二年ぶりにマフラーと手袋総動員で寒さ対策。

23日(金)
・成田エクスプレスに2分差で乗り遅れ、しぶしぶ京成スカイライナーで東京へ。(30分無駄)
・東京駅で偶然、お世話になった先輩たちに遭遇。お互いびっくり。
・前の部の同期と、飲む。

24日(土)
・大学時代から8年近い付き合いの友人二人の結婚式に出席し、友人代表でスピーチ。二次回、三次会、四次会と懐かしい面々と再会。馬鹿にしていた六本木の中華が意外とおいしく、びっくりした。そしてあんなに間近に東京タワーを見たのは初めてかもしれない。

25日(日)
・祖父母および家族と昼食。祖父母にまた色紙を書いてもらう。
・東中野経由渋谷へ。これまた久し振りのスペ語02会。2年ぶりに会う人も。デートに使えそうな店でした。

26日(月)
・月曜はどうしても食べたかった親子丼発祥の店「玉ひで」へ前の部の先輩と。水天宮で友人の安産祈願の後、マンダリンオリエンタルの最上階ラウンジで、優雅に午後ティー。
・9か月ぶりに本店へ挨拶回り。前任者に始まり、前の部や関係部、OJTに行った部や同期を訪ねた。思わぬところで、上海に語学研修から帰ってきた同期にもばったり。
・夜は、前の部関係者で韓国料理。香港の先輩もジョインし、最後は、六本木の日本酒バー。意識朦朧としながらも、朝4時にウコンを買いに、コンビニへ。これが功を奏し、二日酔いを免れる。

27日(火)
・先日香港に遊びに来た先輩とウエスティンホテルの鉄板焼き「恵比寿」へ。激ウマ和牛に舌鼓。アトレの本屋でオバマ演説集を購入した後、もう一組の祖父母の待つ、日比谷へ。
・日比谷公園のレストランで祖父母および母とお茶。今日はカフェイン摂りすぎです。。
・夜の予定まで時間があったし、BK本店も近かったことから、同期に連絡をし、銀座第一ホテルでビールを御馳走してもらう。仕事中にも関わらずビールに付き合ってくれた同期に感謝。
・夜は中目黒で、スペ語01会。6人だけだったけど、純粋に僕のためだけに集まってくれたメンバー。僕の希望で、魚料理専門店だけあり、どれも新鮮で革命的なおいしさでした。幹事の静香に大感謝です。

28日(水)
・母にお願いしていたお雑煮をようやく食べ、パッキングをして家を出る。向かった先は横浜。
駅構内で現上司に遭遇。まさか、横浜で会うとは、恐ろしい。でも気付かれなくてよかった。
・一路、鎌倉へ。久し振りに江ノ電に乗った。大好きなうなぎも食べた。前回行ったのはいつだろう?おととしのアジサイを見に行った時以来かしら。ものすごく寒かったけれど、お汁粉はおいしかったな。そして横浜経由羽田空港、そして未来へ。
[PR]
by calpisota | 2009-02-09 00:33 | タビ

台湾人の素晴らしさ

b0061320_11524348.jpg


香港に来てから初めての一週間休暇を利用して、
会社の先輩と台湾に旅行してきました。

5日間で3都市を回り、一通り台湾を味わい尽くしました。

台湾の素晴らしさ

・美味しい日本食が安く手に入る(コンビニの中身は日本と一緒)
・物価が安い(台湾新幹線台北~高雄がたったの3600円!)
・とにかく親日的(日本語話せる人が他国対比圧倒的に多い)
・町並みが日本と酷似している
・台湾小姐が綺麗
(ホテル受付、新幹線の売り子、某有名レストランのウェイトレスは顔採用としか思えない)
・中国語の勉強になる(相当上達しました)
・温泉がある!(一年半ぶりぐらいに入りました)
・日本のテレビが見れます(NHK,テレ朝)
・三越、そごうがたくさんある(驚いたのは台中にそごうが3つあったこと!)

台湾の微妙なところ

・大気汚染(はっきりいって香港以上!)
・歩行者・旅行者には不便(道がだだっぴろく、歩きづらいから結局タクシー)
・空港までの便の悪さ(バスかタクシーだけっておい!)
・観光名所が少ない(まぁ香港もですが)

とまあ色々書きましたが、人の優しさ、物価の安さ、日本にいるみたいな居心地の良さ
を実感し、また台湾に行きたいと思いました。
とはいえ、やはり駐在するなら香港。エキサイティングとエンターテインメントのある
都会がやはり自分にはマッチします。
[PR]
by calpisota | 2008-11-15 11:52 | タビ
夢に描いていた今年の夏の海外旅行は
資金難により断念せざるを得なくなりました。。。
ボーナスも入ったのにー、貯蓄投資に回しすぎました。
流動性はカツカツです。
うーん、今度銀行行って資産相談してこようっと。

そこで今年は二年連続「日本の夏」を味わいに
北陸地方に行こうと思います!

加賀百万石の城下町金沢、能登の輪島、和倉温泉、
福井の永平寺、少し下って高山。
最小限の贅沢で最大限の楽しさを。
質素に3泊か4泊の旅にしようと思います!

海外旅行だけが旅行じゃありません!
[PR]
by calpisota | 2007-07-01 11:27 | タビ