ぴでのリーマン日記


by calpisota
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:思うこと( 54 )

カウントダウンは、後輩宅で行い、部屋の窓からはヴィクトリアハーバーと盛大な花火を見ました。
その前の紅白歌合戦も見どころは多かった。
あゆの出来の悪さにがっかりし、エグザイルの増殖ぶりに驚き、AKBはそれ以上の増殖ぶりで勢いを感じ、その後は中高の友達が香港に遊びに来ていたので一時中断。
前から気になっていたうちの近くにできたイギリス料理屋で食事。美味しかった。
楽しく2000年代の最初の10年を終えられました。思えば10年前はちょうど受験勉強を
頑張っていたんだな、、、時の流れは本当に早い!!
中断後の紅白はトイレの神様、桑田圭佑とハイライトが続きました。
トイレの神様は間違いなく、i-tunesでDLします。
桑田さん前より痩せてたけど、まさに復活にふさわしいステージ。
ドリカムは去年からちょっと残念な感じです、じっくり聴かせる系がいいのに。
そしていつの間にか、年末の風物詩、野鳥の会のみなさんがいなくなってしまった。
投票結果もあっさり感は否めないし、、何だか盛り上がりに欠けたね。

2010年は自分にとっても、変化の多い年、今後の飛躍に繋がる1年になったと思います。
一つ目は、仕事の変化、より多くの人と接する機会が増え、プレッシャーも増えたけど、
今はすべて自分の人間としての成長に役立っていると思います。

もう一つは前にも書きましたが、バスケを一緒にやる仲間を見つけられたこと。
明日も早速新年一発目をうちの前にあるバスケコートでやります。
今年も心身とも健康で過ごしたいと思います。

2011年はどんな一年になるだろう?
香港生活もきっと終盤戦なので、行ったことない場所・店に行き、やったことない活動を
徹底的にやろうと思います。香港生活に悔いを残さない!
でもマカオでのバンジーはやりません。笑

「プライベート」では30歳までに結婚し、両親が60歳になるまでに孫の顔を見せるということを
目標にしたいと思います。おじいちゃん、おばあちゃんが元気なうちに結婚式に出席してもらいたいし。

では今年も元気で!!
[PR]
by calpisota | 2011-01-01 16:27 | 思うこと

遼クン

普段PGAチャンネルを見ていても、日本人選手が映ることはほとんどなく(今田竜二ぐらい)、実際に石川遼のプレーをじっくり見たのは今回のPresident's Cupが初めて。

タイガーやミケルソン等まさにオールスター級を揃えたアメリカ代表と世界選抜(除く欧州)のマッチプレー。
遼クンが選ばれたのも、きっと商業的な要素が大きいんだろうなーと思っていたが、終わってみれば世界選抜最多タイの3勝をもぎ取ってしまった!

日本の代表として、スーパースターの中に混じってプレーする遼クンは周りに少しも引けを取らず、堂々とプレーをしていて、韓国のYEヤンと組んで初勝利を挙げた2日目の出だしでバーディーを取った時は思わず、心動かされるものがありました。

そして最終日のシングルス対ケニー・ペリー。
49歳の大ベテランだが、今年2回優勝を飾っており、実力はトップクラス。
そんな猛者相手に、18歳の遼クンが一進一退の好試合を見せ、最後は振り切って残り1ホールを残し、勝利!これには本当にびっくり。

最後の記者会見で、世界選抜キャプテンのノーマンが、「これから何回もPresident's Cupに出る、石川遼です!」と紹介していたけれど、今回のプレーを見ているとそれはお世辞ではなく、心からの賛辞であることは間違いない。

すでに今年日本ツアーでは4勝を挙げ、目下賞金王。来年も日本でのプレーを公言しているが、今回見て思ったのは、一早くPGAツアーに参戦し、トップにもまれた方がいい。
タイガーと優勝争いを演じるのはそう遠くない将来かもしれない。
タイガーが全盛期の今のうちに。。

がんばれ、遼クン!
[PR]
by calpisota | 2009-10-13 23:52 | 思うこと

2008年を振り返る

だいぶ時期がずれてしまいましたが、毎年末恒例の振り返り。

 1月  デジタル一眼レフを無くす
 2月  初の旧正月を体験
 3月  怒涛の3週連続の来客。初めて大小に挑戦。はまる。
 4月  お引越し!念願の新居へ。
 5月  GWに一時帰国。たくさんの再会。
 6月  Wii,Wii Fit購入
 7月  またもやデジカメを無くす
 8月  i-phone購入。バスケアメリカ代表を見に行く。北京語習い始める。
 9月  オフィス引っ越し。チムサーチョイ開拓。お小遣い帳を開始。
10月  26歳に。店内コンペ幹事。そして一瞬溺れる。
11月  台湾旅行。マカオグランプリに興奮。
12月  怒涛の3週連続の来客。1年4か月でアテンドはのべ26組に。


今年の年末は、楽しいことでたくさん埋まっているといいな。

追伸
NHK大河ドラマ「天地人」なかなか面白く、二週連続で見ています。
大河ドラマを見るのは、「新撰組!」以来5年ぶりですが、なるべく見続けようと思います。
[PR]
by calpisota | 2009-01-12 00:48 | 思うこと

色々あった2008年10月

しばらく間が空きました。
疾風怒濤の如く、10月が過ぎ去り、新たな月が始まりました。

10月の出来事を振り返ると、、

2週目:週末に妹とその友達が泊まりに来た

3週目:先輩の知り合いのアテンド丸2日

4週目:店内ゴルフコンペ幹事

5週目:バースデーウィーク&ハロウィーン、さらに来客

落ち着いた週末は一度もなかったな。
今、久し振りにゆっくりな時間を過ごしてます。

さて、誕生日を迎え26歳になったわけですが、
去年書いたことを振り返ってみると、
香港人に負けないだけの「生命力」をつけること。
とあります。
正直それは無理だった。。
何だか確実に免疫力低下してるよ。

清潔な日本が恋しくもあります。
色々な意味で異次元な暮らしをしているので、
日本にいたときにしていたような「普通」な暮らしがしたいとも思います。

まあ贅沢言っちゃいけないね。

今年の目標は、そうだなー、
「背伸びをしない」。
普通の26歳として生きる。

今日嬉しかったこと。
ポストを一週間ぶりに開けたら、
母親と後輩からバースデーカードが届いていたこと。
そんなちょっとしたことに、ほろっとしてしまう二年目の香港です。
[PR]
by calpisota | 2008-11-04 23:34 | 思うこと
日本で買ってきた、小田和正の「風のように歌が流れていた」を最近見ています。
これは、2004年にTBSで放送された小田和正のレギュラー番組を収録したDVD。

第四回目のゲストは、山本潤子さん。

その名前を聞いて、若い人はあまりピンとは来ないだろう。

70、80年代、赤い鳥、ハイファイセットというバンドで活躍した女性ボーカリストである。
代表作に、「卒業写真」「翼をください」等がある。

実はこのDVDを見る前に、2004年当時、リアルタイムでちょうどこの山本さんがゲストだった回を母と見たのですが、その豊潤で温かみのあるボーカルにびっくりしてしまった。
小田和正をして、「稀代のボーカリスト」というのもうなづけます。

まさに、時を越えて、聴かせるボーカル。

特に聴いてほしいのが、赤い鳥のデビューソングでもある
「竹田の子守唄」
番組でも小田和正と歌っていたものだが、あまりにも歌がうますぎて、
涙がにじんできた。自分でも驚いた。
それほどに、聴かせるボーカルです。
i-tunesでも聴けます。
[PR]
by calpisota | 2008-05-25 23:57 | 思うこと

友達のアテンドをすると

もちろん、自分がこれまでに行って、よかったなと思う場所や
香港来たら、ここでしょっていうレストランに連れて行くことは
もちろん多いのですが、毎回必ず新しい発見があります。

今回は、
マカオの裏路地散歩(大雨でしたが、晴れていたらまた違っていたでしょう)
マカオの新たな世界遺産達とのめぐり合い
マカオの市民図書館(ここは新しく、コロニアルな建物との融合建築)
ランタオ島の大仏(ゴンドラからの素晴らしい景色!)とスピリチュアルプレイス
セントラルにある渋い飲茶屋(最高の春巻とふわふわの叉焼包があります)
アドミラリティにある洒落た茶屋
スタンレーの隠れた海辺
九龍城のお茶屋と亀ゼリー屋

こうして、毎回必ずレパートリーが増えていくのもアテンドの醍醐味です。
[PR]
by calpisota | 2008-03-23 22:49 | 思うこと

指導員との再会

今日は、前の部で大変お世話になった指導員が香港に
出張に来てるので、五ヶ月ぶりの再会→飲みに。

思えば、二人で飲みに行ったことはなかったのだけれども、

忘れかけていたあの時代(といってもたかだか二年近く前)が蘇ってきた。

まあとにかく、あの頃右も左もわからない二年坊主に
厳しくも温かい指導をしてくださった先輩には大感謝。

僕が社会人になってから学んだことの半分はあの人から。
当時ある先輩に、「お前、○○さんが指導員ってのは、FGで1,2を争う幸せもんだよ」
と言われましたが、今になって改めて思えば(当時も思ったが)それは全然大げさなことではなく、
今日改めて、面と向かい
「○○さんが指導員で本当に良かったです。」
と言いました。

今日はたくさん、勇気をもらいました。
ありがとうございます!!

やはりお世話になった先輩と会うと心がほっとするな~。

さて、明日は僕の前任の方との再会だ。

今週は再会ウィークだ!
[PR]
by calpisota | 2008-01-23 01:08 | 思うこと

2007年を振り返る

激動の2007年が終わろうとしています。
というわけで、恒例の月ごとのメイントピック。

 1月  初デジ一購入!ペンタックスK10D
 2月  イタリア大旅行@エレナと3度再会
 3月  リクルート活動に携わる(新たな仲間との出会い)
 4月  ネット界からの隔絶(ブログ更新ゼロ)
 5月  軽井沢・銚子へ。高校の同窓会
 6月  花の早慶戦・バズダック初のレコーディング敢行!
 7月  突然の内示
 8月  怒涛の送別会の嵐(ランチも入れて37回・・)を経て、単身香港へ
 9月  初ゴルフ・初百万ドルの夜景・初マカオ・初香港サルサ・初遅刻
10月  25歳に。初香港ディズニー。初の来客。初めての一人暮らし。
11月  浦和レッズアジア王者に。初深セン。
12月  一時帰国。

こうして書いてみると、仕事・プライベート共かなり充実してるなー!

仕事面ではリクルート活動と転勤でしょう。
リクルートでは会社の新たな一面が見れたし、すばらしい仲間にも出会えた。
転勤前は上司にこれでもかというくらい絞られ、ストレスフルだったが、
今思えばあれは愛のムチだった。感謝感謝。だからこそ今の自分がある。
まだまだまだまだ未熟だけど。毎日が勉強。仕事はすっかり変わったけれど、
今は自分の職務に精一杯。がんばります。

プライベートでも転勤は一つの契機。
仲良かった友達・同期・家族とも離れ離れ。
念願の一人暮らしも大変なことが多いし。でも本当一人暮らしは
やれてよかった。寂しいし、自分を甘やかしたりしているけれど。。

来年はそうだなー。
去年も書いたけれど、貯蓄。月6000ドルは貯めよう。
そしてこれも去年も書いたかもしれないけれど、勉強だな。頭の柔らかいうちに。
よし、決意を新たに。Everybody良いお年を!
[PR]
by calpisota | 2007-12-30 00:00 | 思うこと

25歳を迎えて

お誕生日おめでとう、自分。
25歳になりあんした。

香港いると、本当にアジアのバイタリティーを実感します。
お利口で秩序だった日本では感じることのできない感覚。
中国本土、東南アジア、日本、イスラム系、欧米系、
ありとあらゆる人種が混在するアメリカ顔負けの人種のるつぼです。
人種的に少ないなと感じるのはアフリカとラテン系ぐらい。

やはり、彼らに負けないくらいの生命力をつける、
これを今年の目標にしたいと思います。
と、出だしから二ヶ月前に買ったピーナッツのせいで腹痛に悩まされています。
まずは、庶民の食堂「茶餐廰」(チャーチャンテン)
に一人で入れるようにすること。
うーん、広東語ができない自分はあの漢字の羅列のメニューにしり込みしちゃうんだよな。。

香港無印美食―庶民のマル味ワンダーランド 茶餐庁へようこそ!

これでも読んでお勉強だ!

そして誕生日とは関係ありませんが、今日複合プリンタ(スキャン、コピー、プリンタ)
をノリで買いました。
だって安かったんだもん。エプソンの4色刷りで488ドル(7000円くらい)。
安すぎでしょ。二ヶ月前に出た新製品だっていうし。
二年前に日本で買ったのは30,000円以上したからなー。
思わぬおいしい商品にめぐり合えました。

エプソン複合プリンタ

自分へのプレゼントは何にしようか考え中。
来週給料が入ってからにしよう!
[PR]
by calpisota | 2007-10-29 03:03 | 思うこと
久々にNBAネタ。
この夏飛び込んできたビッグニュース。
ここ数年低迷していたボストン・セルティックスに
NBAを代表するスター、ケビン・ガーネットとレイ・アレンが加入!

このニュースはNBAをちょっとでも知っている人は度肝を抜かれただろう。
一昨年のマイアミ・ヒートの
Shaq,Payton,Walker,J-Will,Waydeに勝るとも劣らない陣容が完成した。

b0061320_2257622.jpg


2番にアレン、3番にピアース、4番にガーネットはNBA史上でも稀に見る
スコアリングとディフェンスを兼ね備えたトリオである。
一気に優勝候補に踊りでたのは間違いない。
今季に期待大だ。
こっちでNBA見れるチャンネルあるなら契約しようっと!

このトリオを見て思い出すのは、80年代のNBAを席巻した
バード、マクヘイル、パリッシュの3人だ。

b0061320_22575262.jpg


非常にバランスのとれたフロントコートだった。
当時アメリカに住んでいた僕の最初のハートをつかんだのは
ラリー・バードの華麗なバスケットだった。
(引退後、ペイサーズの監督に就任し、レジーとタッグを組んだのには
大興奮した。)
そして、マクヘイル・パリッシュの労を厭わないダーティワークも外せない。

当時のセルティックスはマジック率いるレイカーズとNBAの覇を争った。

今季のセルティックスも20年ぶりの優勝争いができるんじゃないか!?
乞期待。
[PR]
by calpisota | 2007-09-17 22:58 | 思うこと