ぴでのリーマン日記


by calpisota
カレンダー

<   2005年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

社会人へ向けての決意

明日から社会人。
日々の仕事に追われて、当初の目標を見失わないように、
前を向いて、頑張っていきたい。

がんばろう、フレッシュマン!!

失敗したっていいじゃない、人間だもの。
大事なのは失敗から学ぶこと。
そして失敗を減らすこと。

誰かに目標とされる人間になりたい。

素直さと向上心を忘れずに。

明るく挨拶。

健康に注意。

羽ばたかせてもらうのではなく、自ら羽ばたく。

そして、いずれ金融面で環境問題の解決に全力で取り組みたい。

そのためにも、英語・スペイン語のブラッシュアップ忘れずに。

いろんな人と付き合う。
どこに可能性が転がっているかわからない。

自分にうそはつかない。

以上、太田英彦の社会人へ向けての決意でした。

がんばろう!!
[PR]
by calpisota | 2005-03-31 21:44 | 日常

見送り&初株

大阪へと旅立つさっくんを東京駅まで見送る。

たくは、『おれ、なんで来たんだろう?』とか
言っていたくせに
一番最後まで電車を追っていた。笑

23,24にあれだけお別れをしたはずなのに、
今日6人も集まってしまった。
正直、お互いに「愛」を感じた。

その後は、おしゃれに丸の内ランチ楽しんだり、
丸善、ディーンアンドデルカ、大和證券ぷらぷら。

ついに株に手を出した。
初めての株が人生最大の買い物になった。

これでモチベーションあがったぞー。
目指せ、配当1%!!
[PR]
by calpisota | 2005-03-31 01:05 | 日常

パレスホテル

7ヶ月ぶりに日本でドライブ。
その間、アメリカ、グアムでは運転してたんだけどねー。
ワイパーとウィンカーは最後まで必ず間違えてたわ。笑

そんななか、皇居近くのパレスホテル最上階で昼食会。
こんな贅沢ができるのは一生に一度。
フルコース一万円。
皇居が眺められるすばらしすぎる席。
最高級のサービス。
もちろん、味もすばらしすぎた。
おなかパンパンにならないところもワンダフル。
どれをとっても超一流とはこのこと。

社会人がんばりまーす!!!
[PR]
by calpisota | 2005-03-29 23:53 | 日常

Al otro lado del río

チェ・ゲバラの青春時代を描いた映画
『モーターサイクル・ダイアリーズ』の主題歌
"Al otro lado del río"は先のアカデミー賞で最優秀楽曲賞に選ばれた。

抑圧された先住民、不公平な世界、差別されるハンセン病患者、
南米の様々な不条理を自分の目で見て、後の革命家になるきっかけを与えた旅に
ふさわしい歌のメロディと歌詞。
静かながらもふつふつと情熱が湧き出ているすばらしい歌だと思う。
アントニオ・バンデラスがアカデミー賞で歌ったことでも有名ですね。
(原曲は本人ではない)

http://www.motorcyclediariesmovie.com/home.html

で試聴できるのでぜひ!
下に歌詞と対訳をのっけておきました。
(対訳は自分です)



Clavo mi remo en el agua llevo tu remo en el mío. Creo que he visto una luz al otro lado del río.

El día le irá pudiendo poco a poco al frío. Creo que he visto una luz al otro lado del río.

Sobre todo, creo que no todo está perdido. Tanta lágrima, tanta lágrima, y yo soy un vaso vacío...

Oigo una voz que me llama, casi un suspiro: Rema, rema, rema!

En esta orilla del mundo lo que nos es presa es baldio. Creo que he visto una luz al otro lado del río.

Yo, muy serio, voy remando, y muy adentro, sonrío. Creo que he visto una luz al otro lado del río.

僕は自分のオールを水に浸し、君のを持つ
川の向こう側に光が見えた気がする
日はだんだんと寒くなっていく
川の向こう側に光が見えた気がする

何よりもまず、まだ何も失われていないと思う
涙をたくさん、たくさん流して、まるで空のコップのようになってしまったけれど
誰かが僕を呼んでいる声が聞こえる、ほとんどため息だ
漕げ、漕げ、漕げ!

僕らが閉じ込められている、世界のこの端っこは無意味だ
川の向こう側に光が見えた気がする

僕は真剣に漕いで、心の奥底で微笑む
川の向こう側に光が見えた気がする
[PR]
by calpisota | 2005-03-28 23:21 | 思うこと

衝撃

ペルー人とイギリス人のハーフで母親の英会話の先生をしている女性(22)とそのペルー人の友達(20)と吉祥寺でお茶した。

そして、普通に会話を楽しんでいたんだけれど、
ふとしたきっかけで、
スペ語友達の女の子にけっこうしつこくメールやら電話かけていたペルー人と
そのペルー人の女の子が従兄弟同士だったということが発覚した。。。!!!!

まさかとは思ったけどねー。話を聞いてみると間違いなく本人でした。

これは山本研メンバーでは有名な話だから、
きっと大爆笑でしょう。

ていうか、世界狭すぎでしょ!!

JULIOという名前に心当たりある人、白状しなさい!!
[PR]
by calpisota | 2005-03-28 00:51 | 日常

LAST MVJ

b0061320_252561.jpg


And in the end,
the love you take
is equal to the love you make.

さて、追いコンシリーズの最後を締めくくるのはMVJ。
KOE,KOE,伊藤研、山本研。

学期中はしばしば顔をあわせるが、
休みになるとこれが全く。
ほぼ2ヶ月ぶりの再会。

カリスマはバリへ、
おれと照沼はヨーロッパ、
かんちゃん、かみゆきはメキシコ、
たえごんとよねっちはメキシコとアメリカ
にそれぞれ春休み行っていたので
お土産とお土産話はたっくさん。

よねっちがアトランタでHootersに行ってきたらしく、
ダイナマイトセクシー姉ちゃんと写真とってたのがうらやましかった。。。
あのやろう。

後輩たちへのプレゼントもとても喜んでくれていて、よかった。

「じゃ」
[PR]
by calpisota | 2005-03-27 02:08 | 日常
昨日の疲れを残したまま、朝から
てるとてるの友達(ドコモ)とその友達(みずほ)で
富士サファリパークへ。

みずほ友達はあまりにもテンション高すぎて、
なえるが、おれもがんばってついていった。笑

サファリはばかにしてたけれど、
意外とおもろかったよー。

こんなんとか。
b0061320_1465593.jpg


ラクダが目の前通ったり。
b0061320_1472060.jpg


そしてカンガルーの生々しい行為とか。
(写真は見せられません、、、)

夜は、仙川の高田屋で。
話が盛り上がるにつれ、日本酒の消費量が半端じゃなくなる。
今日初対面だというのに、この異常な盛り上がり。
楽しすぎた。
帰りたくなかったけれど、この後伊藤研の追いコンがあるので
泣く泣くお別れ。
同期、これからよろしく!
ドコモ、東京で飲むぞ。

東京ドームホテル34階で、日本対イラン戦を観戦。
しかし、よっぱらっていたため、あまり記憶なし。
負けたってことはわかった。笑
どんまい。

伊藤研は楽しい面子なんだけれど、
本当に意味のない研究会で、何一つ得るものはなかった。笑
3春、4春と履修。
飛び飛びなのは、一回目履修して、その意味のなさに愕然とし、
次はやめた。
でもやっぱ友達が恋しくて、また取る。
でもやっぱりつまらなさすぎて、次とらない、ってパターン。

でも今日は、勉強とか一切抜きに友達との楽しいひと時。
もはや連日の暴飲で、わけがわからない。
この日も次の朝まで暴飲。
よく体が持つなー。
朝6時ぐらいに友達と部屋を抜け出し
立ち入り禁止のところに冒険。
トイレを使用したら、警備員がかけつけてきて、怒られる。。。
でも酔っ払ってるから、平気。

昼チェックアウトして、デニーズにてお別れ昼食。
矢島は神戸にいってしまうので、しばらく会えなくなると思うとすごくさみしかった。
1年のクラスからずっと仲良かったからなぁ。

そして体調わろし。
休肝日ほし。
[PR]
by calpisota | 2005-03-27 01:56 | 日常
卒業式後は、さく、てる、そえっちで昼食バイキング。
卒業後にして初めての組み合わせのランチ。笑

園遊会後のインターコンチは3回目だが、
自分たちがしきるのはやはり初めて。

隣の部屋でひそかに昼寝したり、パンフつくったり、
まきさんがつくってくれた料理ひそかに食べたり、
20人くらいでゲームして一気飲みしまくったり。
まったり後輩と就活トークや猥談したり。
切ない曲流しまくって、みんなで涙したり。
最後に「この日のこと」歌ったり。
チェックアウト間際までなんとか寝てみたり。

みな、思い思いに「最後」の時を過ごそうと必死。

そしていよいよ、それはSFCにて完結する。
インターコンチ後に「ノリ」で11人も集まり、
一同母校SFCへ。

昨日卒業したから、もはや「母校」なのである。

あれほどまで親しんだカモ池もどこかよそよそしい。
二両編成のバスも帰りのバスが本館前から出るのなんて、
信じられなく、やはり時は過ぎ行くもの。

でも仲間と最後にSFCにこれてよかった。
またいつでもこの人たちと戻ってこれるような気がする。

最後はやはり、福澤先生の前で。
b0061320_2047384.jpg

[PR]
by calpisota | 2005-03-24 20:47 | 日常

卒業式

慶應義塾大学卒業式@日吉記念館

サークルの卒業式は終わったが、ここでも周りにいるのは
KOEの仲間だ。
やっぱ、僕ら離れられないんかなー。

珍しく朝の集合をしきってみました。笑

式中は、割とばらばらに座っている仲間の間で、
メーリス上でメールが飛び交う。
その数、15ぐらいか。。。
よほど、式がつまらなかったとみた。

安西塾長のはなむけの言葉。
「これからは3つの力を意識するように。
一、先導する力
一、独立する力
一、協力して生きていく力」

その後、三田会結団式を経て、
SFC(総合政策学部、環境情報学部、看護医療学部)で学位授与式。
打って変わって、小島学部長、熊坂学部長、なんとか学部長は話が適当かつおもしろく、
楽しい会になった。

学位をもらって初めて、この大学を卒業した、という実感がわいた。
追いコンのような寂しい気持ちになることもなく、
式は晴れ晴れとした感じで終わった。
[PR]
by calpisota | 2005-03-24 19:12 | 日常

01コン

b0061320_23541475.jpg



入学前のオープンキャンパスで知ったKOEの存在。
よし、SFC受かったらここ入ろうって決めた。

1年のころはかなり飛ばしてて、今中心のさくやナツは
当時アウトローで、やる気がなく、
無理やり全体会にひっぱってった記憶がある。笑

2年では幹部やって、それなりにサークルの中心みたいなことしてた。
初めての後輩ができて、すごく楽しくて、はしゃぎすぎて痛い目を見た。涙
秋祭も一ヶ月前から色々企画立てたり、家で後輩と試食会したりで本当がんばった。
前日の野菜切り以外は。笑

3年の夏まで幹部を全うして、オンリーワンもそれなりにがんばって、
燃え尽きる。

4年はー、秋の慶早戦ぐらい?

でもね、歌そのものから離れてしまっても、集まる仲間はいつもKOEだった。

そして昨日サークルから卒業しました。
後輩たちが一所懸命がんばってくれて、本当にすばらしい会にしてくれた。

涙腺固いぼくも、ついに歌の最後で肩を震わせて泣いちゃいました。
このサークルに入っててよかった。

これからも恩返ししなくちゃーね!!

4年間、ありがとう!!

Hello,Goodbye。
[PR]
by calpisota | 2005-03-22 23:54 | 日常