ぴでのリーマン日記


by calpisota
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ウィーンの冬

今読んでいる本。

元外交官、春江一也による、
「プラハの春」「ベルリンの秋」に次ぐ、
中欧三部作の最後を飾る作品。

「プラハの春」は、1968年に社会主義国家チェコスロバキアで
起きた民主主義運動の興隆とソ連による制圧を背景に
日本人青年外交官リョウと東独の反体制運動家カテリーナとのロマンスの話。
尾行、スパイ満載かつ社会主義国の欺瞞を問う内容の作品で
非常にスリリングでおもしろかった。
外交官が実体験を元に書いているので、リアリティがすごい。
歴史上の人物もたくさん出てくるし、クラシック音楽やオペラの素養がこの
筆者にはある。

「ベルリンの秋」は「プラハの春」の続編とも言うべき内容。
リョウのかつての恋人カテリーナの娘シルビアが
話の中心。
舞台は70~80年代のドイツ。
社会主義がだんだんと破綻していく様を如実に描いた作品。
東独の秘密警察シタージの詳細が描かれていて、
筆者はどこからこんな秘密を知ったのかが気になる。
「プラハの春」は誰もが知っている「事件」が背景になっているのに対し、
こちらは15年ぐらいのスパンで物語が進んでいくので、
質は落ちます。

「ウィーンの冬」は打って変わって、社会主義が崩壊した直後のウィーンが舞台。
かつて日本を恐怖のどん底に陥れたオウム真理教が話の中心。
彼らが北朝鮮やイスラム原理主義者たちと協同して
日本に核テロを起こそうとしているのをいかに未然に防ぐかが主題。
記憶に新しい事件だし、これもおそらく実話を元に書かれたフィクションなので
非常にリアリティがあって、これがもし本当に起きてしまったら
世の中大変なことになっていたなと思う。
まだ読み途中だけどおもろい。
日本の国家としての犯罪・テロに対する弱さを世に問うています。

他にもフィリピンのダバオを舞台にした
「カリナン」という作品もあります。
ストリートチルドレン、日系人社会、デカセギ、格差
等フィリピンが抱える問題を鋭く分析。
相変わらず尾行とかでてきて、スリリング。

というわけで、私は春江一也の作品を
オススメします!
[PR]
by calpisota | 2006-04-30 21:55 | 日常

キヨハラ

だからさぁー、
この人怖すぎだから・・・。

b0061320_14321833.jpg

次死球を受けたら、命を懸けてその投手をぶったおすと発言する清原。

b0061320_14331599.jpg

去年、死球を頭部に受け、ぶちぎれる清原。
[PR]
by calpisota | 2006-04-23 14:33 | 思うこと

ナカちゃん

b0061320_2230156.jpg


あごひげアザラシのナカちゃんが
コンクリートブロックにはさまって
動けなくて、危なかったんだってー。

助けられてよかったね、仲ちゃん。
じゃなくて、ナカちゃん。
[PR]
by calpisota | 2006-04-20 22:30 | news

幸せバトン

カリスマントヒヒから幸せバトンを受け取る。
受けないと、ブログで何書かれるかわからない。笑
彼以上に面白いこと書く自信ないので、
彼の答えを見せたいところだけどぐっと我慢。

<あなたの幸せ度は全世界で何位??>

ぶっちゃけ
一億位ぐらいだと思う。


<今までの人生で幸せベスト3は??>

①スペインでのディスコテカで×××

②眠くてしょうがない時にベッドにもぐりこんだ瞬間

③今この瞬間




<ここ1週間で1番幸せだった事>

職場の先輩方を見渡してみて、「おー、おれは恵まれてる」と思ったこと



<幸せなときあなたがしてしまう行動>

鼻頭の油をとる

<幸せと聞いて真っ先に思いうかぶ食べ物>

うなぎ


<幸せといって真っ先に思いうかぶ歌>

ホワイト・クリスマス


<あなたにとって幸せとは?>

「辛い」に「一」を加えたもの。
どんなに辛い状況でも後一歩がんばれば、
幸せをつかめる。
入社時研修のインストラクターに言われた言葉です。

<この人の幸せが知りたいと思う5人にバトンを>

まちこ
ぎもりん
りほこさん
カリスマントヒヒ
まきこ
[PR]
by calpisota | 2006-04-20 22:27 | 思うこと

一目惚れ

僕は、誰かさんみたいにスニーカーとかには詳しくないし、
ずいぶん前からこのスニーカーブランドは有名なのかもしれないけれど、
3週間前に上野の靴屋で一目惚れしたスニーカーがあります!

b0061320_23564964.jpg


möbusというドイツのスニーカーブランドで、
最近雑誌とかにも登場し、ちょい人気らしい。

上野の靴屋ではサイズがなく、
ネットで探しても、サイズがなく、
半ばあきらめてました。

でも今日吉祥寺のパルコ行ったら、
はけーーーーん。
サイズも44(28cm)が奇跡的にあったーーーー。

涙ちょちょぎれそうになり、迷わず購入!

久々にわくわくしたお買い物。

ちなみに最近お買い物しすぎ感はある。
欲しかったものはだいたい手に入れたのでしばらく控えます!
[PR]
by calpisota | 2006-04-16 00:05 | 日常

配属されてから・・・

暇になりました。
若干社内ニート気味です。。。笑
[PR]
by calpisota | 2006-04-10 22:16 | 思うこと

2年目

社会人二年目を迎えました。

営業サイドから見る外為は新鮮。
毎朝七時半出社はまだまだ慣れなくて大変だけど、
朝出る時間が40分違うと新たな発見がある。
いつも家の近くですれ違う保育園の先生に会えないのは残念だけど、
いつもがらんとしている公園ではおじいちゃん、おばあちゃんの集団がラジオ体操している。

いつもはなんとか座れる電車も、がらがら。
いつもは残りわずかなキオスクの新聞もどっさり。
いつも目障りなカップルを見なくて済む。

会社に着いても、掃除のおばちゃんがゴミ集めてる。
いつもは人でごちゃごちゃしてる事務室がガラン。

昼間に眠くなるのはまだ慣れないせいなのでしょうがないけど、
前よりちょっとがんばって七時半ぐらいに会社を出るのは
ちょっと誇らしい。笑
そしてやっぱり初々しい一年生に一年前の自分を重ねてみる。


そんな二年目のスタートです。
[PR]
by calpisota | 2006-04-06 22:47 | 日常

花見をするなら

b0061320_22404591.jpg


中目黒の目黒川沿いがオススメでございます!

川沿いには延々と桜が連なっており、
枝が川の方に垂れているから、
花びらが川に落ち、
風流に流れております。

今日は風が強く、
まるで桜の雨。

今年はもう散っちゃうかもしれないから、
来年はぜひ!
[PR]
by calpisota | 2006-04-02 23:32 | 日常