ぴでのリーマン日記


by calpisota
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マリリン・モンロー

b0061320_22462119.jpg


先月の某月刊誌の特集はビートルズ来日40周年記念として、
「ビートルズの来日公演」でした。
次号予告では、マリリン・モンロー特集とのことだったので、

昨日本屋で早速買った。

この特集記事を読むまで、
マリリンのことはほとんど知らなかった。

持っていたイメージといえば、

50年代に大人気を博したハリウッド女優。
数々の男と浮名を流したプレイガール(ジョー・ディマジオやJFK!)
アンディ・ウォーホルがモチーフにした作品。(上の写真。NYのMOMAにあります)
マドンナの昔版
謎の死を遂げた。
などなど。

あまり深くは知らなかったし、知る機会もなかった。

まあ上のようなイメージ通りの人だったのだが、
改めてそのスチール写真を見ると、
ほんとに魅力的な人だなと思いました。
長いまつ毛、口元のほくろ、魅惑的なプロポーション、色っぽい半開きのくちびる。

早くして亡くなった人、
例えば、ジョン・レノン、JFK、マリリン、ダイアナ元妃は
老いた姿を誰にも見られていないからそれだけ
魅力的だし、
謎の死を遂げているところでも伝説化されやすい。

一番驚いたのは、マリリンの死に、あのJFKの弟で
当時の司法長官だったロバートが関わっているのではないかという推測。
詳しい内容は立ち読みでもしてください!

そして、ダイアナ元妃とマリリン・モンローが共通しているのは、
どちらも死後、エルトン・ジョンによって同じ歌(歌詞を一部変更)に歌われていることだ。
"Candle In The Wind"。
ダイアナの死後に歌詞を変えて発表され、
バカ売れしたので知っている人もいるかもしれません。

さよなら ノーマ・ジーン(マリリンの本名)
あなたの人生は 風の中にあるキャンドルそのものでした。

それほど、どちらの人生も儚いものだったってことでしょう。

相変わらず支離滅裂な文章ですが、
ちょっとマリリン・モンローについてもう少し調べてみたくなっちゃいました。

そういえば、サークルの後輩にマリリンと呼ばれていた子がいたなー。
なんて光栄なあだ名なんだ。
[PR]
by calpisota | 2006-05-28 23:01 | 思うこと

週末浪費生活

今週はやたら忙しく、毎日帰宅は九時半すぎ・・・。
夕食は会社で食べるパン一個。
激やせです。
てるが企画してくれた飲みにもいけず。無念。

金曜は給料日だったのでした。
二年目で基本給上がりましたが、
4月から今の部署来て、残業が四倍ぐらいに増えたのが
手伝って、昨年度に比べ、手取りがq万くらい増えた!

そして週末は調子に乗って、浪費しまくりです。
今年の目標はお金を使いすぎないことなのに。。

土曜は久々に焼肉食って、満腹。
焼肉も久しけりゃ、満腹も久しい。
あまりの食べなさに、最近は胃が縮みました。

二年目になり、仕事の質・量共に格段に増えました。
今の職場環境にもとても満足しています。
ただ、仕事中心の生活は悲しい。
というわけで、週一回の飲み会は必須。
&、週末は楽しく過ごすことをモットーに頑張ります。
仕事:息抜き=半々で!
[PR]
by calpisota | 2006-05-21 22:31 | 日常

死の研修

先週後半は死の研修(二泊三日)でした。
後半の方相当の覚悟で臨んで下さい。。。
初日AM4時就寝、2日目AM3時就寝。
体力的に相当ハードでした。居眠りも仕方ないべー。

そして昨日はジーコジャパン国内最終戦の対スコットランド戦。
0-0。
最低の試合。
はっきり言って希望が全く持てない試合内容。
これは、中田ヒデと中村俊輔にかかってますね。
特にFW陣最悪で、これで玉田が選ばれたら、ほんと引く。
普通にレッドスター師匠(鈴木)の方がいいっしょ。

僕の希望する23人は下記の通りです。


GW:川口、楢崎、土肥
DF:トゥーリオ、宮本、中沢、坪井、田中、サントス、かじ、中田(浩)
MF:中田(英)、中村、小笠原、長谷部、小野、稲本、松井、福西
FW:大黒、柳沢、鈴木、がなは

まあ、実際はジーコのお気にが順当に選ばれるんだろうなー
あーつまんない。
次の監督に期待したいと思います!

そして今日は母の日。
去年はすっかり忘れていたので、
今日は祖母には花束を、母にはゴディバを渡しました。
いつもありがとう!
[PR]
by calpisota | 2006-05-14 22:42 | 日常

充実のGW

五連休終了で、明日からまたお仕事でございます。

最初の二泊は、KOEの連中と、軽井沢(群馬県嬬恋村←レタス生産日本一、活火山浅間山麓)の佐久間家の別荘へ。
三年ぶり五回目(一年夏、二年GW,二年夏、三年GW、社会人二年目GW)の参加です。
相変わらずの仲間と相変わらずの火山灰臭。
アウトレットにBBQにくりの木プラザに万座温泉、パターゴルフに自炊。
今回は猫と二歳児と一緒だったので、なんだか新鮮。
万座温泉の帰りのコンビニで、超偶然に同期のきーやんに会う・・・!
こんな偶然ってあるのだろうか!?

b0061320_22442628.jpg


軽井沢に別れを告げて向かった先は、
彼女の実家。
温かいご両親が迎えてくれました。
すばらしいホスピタリティに感動。
景色もおうちも家族もすべてが癒し系。
とちおとめも最高です。

翌日は四人で、日光へ。
小六の「日光移動教室」以来だから12年ぶり!
いろは坂、湯滝、竜頭の滝、金谷ホテルで100年カレー、華厳の滝。
ご両親の夢だった、娘の彼とハイキング(笑)
本当に楽しいひと時を過ごせました。

b0061320_22574949.jpg


そしてこっそり初旅行は那須へ。
サンバレー那須は那須有数のリゾート施設だが、
数々の問題点が・・・
①狭い敷地を三台のマイクロバスが周回。乗客ほぼゼロが深夜まで。ムダ
②教会の周りにいまだにクリスマスイルミネーション。ムダ
③那須塩原駅までの大型送迎バス。乗客数人。マイクロバスでいいじゃん。ムダ
④夕食バイキングで一時間に一回、外人の楽団が演奏。聞き手も演奏家もかわいそう。ムダ

明らかにバブル期に建てたと思われる施設。
ムダがたくさんです。
それでもGWだからかたーくさんの親子連れ。
翌日お天気悪かったし、早く帰ったから、那須に来た意味はあまり
なかったけれど、思い出に残る旅行でした!
[PR]
by calpisota | 2006-05-07 22:57 | 日常