ぴでのリーマン日記


by calpisota
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

パンデミック対策

やはりというか、香港でも1名の感染者が出たので、外出時はこんな格好です。
怪しすぎて、誰も近寄って来ない。。
b0061320_0553984.jpg

[PR]
# by calpisota | 2009-05-07 00:55 | 香港

弾丸一時帰国の件

実は先週末、3日間だけ帰国していました。

一日休みをもらい、木曜の深夜便で一路羽田へ。
一時間ぐらいしか眠れず、朝六時に着く。

一日目
まさかのお迎え付きでうれしく。
その後、羽田で働く高校の先輩と2年ぶりに会い、朝食。
2人で久々に話していると、あっという間に高校時代にタイムスリップ。

家に着き、一息着くと、香港カットを解消しに、行きつけの美容室へ。
担当してくれていた美容師さんもまだいて、突然の訪問にびっくりしていました。

肌のトラブルを相談しに、皮膚科へ行き、なんてこともなく塗り薬をもらい、一安心。
祖父のお見舞いに行き、同期の待つ新丸ビルへ。大好きな前川でウナギを食べ、
六本木へ。なぜかゲーセンでUFOキャッチャーとメダルゲーム。。ひとつ取れて何とか面目を保つ。
また、行きつけのカラオケラウンジへ行き、同期と別れ、こないだまで香港にいた先輩と合流。
副部長の肩書がまぶしい。。

先ほど偶然新丸であった会社の先輩にも連絡し、目黒で飲みなおし。帰宅は二時半。


二日目

同期同士の結婚式に参加するため、マンダリンオリエンタルへ。
最新型のバンケットルームで、演出はすごかったけれど、式場は太陽光が入る方がいいなと思った。
入社時研修の同じクラスの仲間が4人もそろうとは思わなかった。いつの間にか結婚してるやつもいたり、時の流れは早い。
新郎とは2年前に採用TFの時知り合ったが、香港へ出発する時に空港まで車で送ってくれた熱いやつ。
結婚を機に落ち着かないでほしいな。
二次会は、六本木のキャバクラChic。もちろんキャストはいません。笑
宴は夜更けまで続いたと思われますが、翌日のことを考え、十時台に帰宅。(珍しい)
帰宅して親父と話すと、何と今日の新郎の父上と親父は大学の学部学科まで同じ。会社同士も近いからたまに顔を合わせていたとのこと。こんな偶然もあるんだなぁ。

三日目

弟が就職で広島行きが決まり、妹も海外の大学院を目指していることもあり、家族5人がそろうことはもう当分ないことから、皆でブランチ。僕が大学に入ってから、なんとなくすれ違いが続いていた兄弟ですが(その間妹は四年間アメリカへ行き、弟も1年アメリカに行き、戻ってきたと思ったら僕が香港行き)この食事がきっかけで改めて、この関係を大事にしていかなくちゃなと思いました。

家族と束の間のブランチを楽しんだ後、一人有楽町に出かけ、すっかり変わってしまった景観に驚いた。
イトシアだとか、マロニエだとか。。来週のコンペに備え、ゴルフウェアを新調。
TOKIAのきじでお好み焼きを食べ、念願の東京タワーへ。実は上るのは人生初。
当時世界一の高さのタワーを建てた大工たちの苦労をしのび、三丁目の夕日のジオラマに感動。
鈴木オートがある!!
b0061320_1642955.jpg

東京タワーも時代に取り残されまいと、変わり続け、今も大賑わい。一安心です。
東京スカイツリーに負けるな、元祖!

こうして3日間の短くも充実した帰国は終わりました。
[PR]
# by calpisota | 2009-04-25 16:05 | イベント
イースターの4連休は支店の同期とマレーシアに行ってきました。

SFCのスペ語友達や前香港で知り合いになった夫婦、そしてKL赴任の前の部でお世話になった先輩たちに
会い、非常に充実した四日間でした。実際に駐在している人の話も聞き、生活を垣間見ることで、KL赴任なんてのも良いかなと思ったり。でもそれは、結婚してからだね。独身だったら、断然香港です。

食事:

バクテー(肉骨茶)
b0061320_15252572.jpg

薬膳で煮込んだ豚の角煮をごはんに乗っけて食べるシンプルな中華。これが激ウマです。

チキンライス(海南鶏飯)
マレーシアのはご飯がゴルフボールサイズに丸まっている!

インド料理(ボンベイパレス)
国民の9%をインド系が占めることもあり、その質の高さにびっくり。クリントン夫妻の写真も。
大使館街にあるレストランで雰囲気も◎

サテー
マレーシアの定番料理。焼き鳥のようなものを少し甘いタレにつけて食べる。

アクティビティ:

KLバー巡り
b0061320_1513345.jpg

こっちのバーはホテルの屋上プールのまわりにあるのが特色。香港とはまた違うおしゃれさがあった。
香港にこんなところがあったら、連日混むだろうなぁ。
月に何回かは、酔ってプールに転落する客もいるとか。

マラッカ観光
b0061320_15283752.jpg

本当は深夜特急にも出てた壮大な夕日を見たかったのですが、時間の都合から見られず。
欧州列強がかつて争った土地の面影を見る。

ゴルフ
香港で知り合った人で今はKL在住の方と回る。コースにサルがたくさん出没し、林に打ち込んだボールが
なぜかグリーンに戻ってくる不思議な現象も。まさか、サルの仕業?

ホタル観賞
KLから車で一時間半の街灯もない、道をひたすら走り、ついたのは真っ暗な川。
四人乗りの手漕ぎ船に乗り、少し行くと、マングローブの木に無数のホタル。
まるでクリスマスのイルミネーションかのごとく、幻想的な光景。
ボートの下にはワニがいるかと思うと、かなりスリリングでしたが、一生に一度見れるか見れないかの
光景に大興奮。

足裏マッサージ
中華系も多い、KLには足裏マッサージ屋もたくさん。値段は香港とそう変わらない。
奥さんお勧めのところは、香港とは比べ物にならないぐらいきれいで洗練されているところでした。
マッサージをしてくれたお姉さんとは得意の中国語でひとしきりおしゃべり。そしてなんと今はスペイン語
も習っているということで、期せずして、スペイン語でも会話。ものすごい満足度の高いマッサージでした。

ホテル
b0061320_15242451.jpg

トレーダーズホテル。シャングリラ系列の比較的新しいところ。
パークビューの部屋にすると、KLCC公園の緑豊かな眺めとその奥にそびえるツインタワーを
間近に見られます。朝食のビュッフェも超充実で、満足度の高いステイでした。
ちなみに当行のオフィスはツインタワーの右隣のビルでした。
[PR]
# by calpisota | 2009-04-25 15:28 | タビ

野人岡野

b0061320_1144599.jpg


あのフランスワールドカップ最終予選で日本に勝利をもたらした岡野。
あれから12年。。
そんな彼が今香港リーグにいることは、在留日本人でもあまり知らないだろう。
僕は岡野のブログをたまに読んでいるから知っていたけれど。笑
結構面白いので興味があれば。。
野人は死なない

そして先週木曜日ついに見てきました。
モンコックスタジアム。(市民スタジアム)
入場料60ドル(750円程)

岡野は右サイドでスタメンフル出場!
あの「犬よりも速い」と言われた快速は顕在で、時おりサイドを猛突破してました。
こんなところで、日本人頑張ってるんだなー、と思うとちょっと涙が出そうでした。

観客席とピッチが近く、ハーフタイムでは目の前を選手が通り、思わず
「岡野さーーん!」と声かけたら、こっち見て手を振ってくれました。
日本人が見に来てくれていることがうれしいんでしょう。

ハーフタイムには思わず、背番号8の岡野のユニフォームを購入。
520ドル(6500円程)もしたけれど、良い記念です。

これを機に、応援に行く機会が増えそうです。
来週末は早速、カップ戦の決勝を見に行きます。
[PR]
# by calpisota | 2009-03-30 01:14 | イベント

大好きな先輩の帰国

香港に来てから、公私共に一番お世話になった先輩が先週帰国された。

8年も香港にいて、3行統合してからは初めて日本に戻るのはどんな気持ちだろう。

「○○です。太田君、パン買いに行こうよ。」
もうこの電話が聞けないかと思うと寂しいなー。

16歳離れているとは思えないほど、心を通わし、秘密を握りあい、
食事にも、飲みにも、旅にも出かけた、こういっちゃ失礼ですが、親友だと思います。
仕事面でも、ものすごくバランスの取れた優秀で尊敬できる先輩でした。
年の近い先輩のいない職場で、大事に優しくされ、知り合えて本当に良かった。

最後に、今までの感謝を込めて、GIEVES & HAWKSのカフリンクスをプレゼントした。

いつか、部長になった時に、僕を部下として引っ張ってきて欲しいなと思える数少ない先輩です。
[PR]
# by calpisota | 2009-03-01 18:51 | 香港